別府を“別の都市”と意訳し、都市を場所としてだけではなく“想像上の空間やありさまをも含む状態”と仮定し英語化した言葉『ALTERNATIVE-STATE』をタイトルに掲げ、新たなプロジェクトを始める。 “Alternative”を略したキーボードの“alt”キーを押すことで、通常状態のキーボードには割り当てられていない別の機能や文字を使うことができるように、設置されたアートが今そこにある風景や時間とは異なる世界・状態に誘う。

近い将来、8つのChapterからなる『ALTERNATIVE-STATE』が、この街に浮かびあがるだろう。 それは、世界を異なる形で再生させる旅の入口。都市との関わり方の新たな提案。